為替相場が変動するキッカケとは?

FX(外国為替証拠金取引)において、
為替変動を見ることは必要不可欠です。

為替とは・・・

例えば、ドルが円でどのくらいの金額で
取引されているか?ということです。

よく、ニュースで・・・

1ドル91円60銭〜65銭で取引されています。
と言っていますよね?これが為替取引の指数です。

為替は常に変動しているので、
1ドル91円60銭〜65銭で取引されています。と
行っているそばから、コロコロと取引額が変わって
いきますが・・・・

通常、為替の動きは、
2円も3円も一気に動くことはないです。
(ゆるやかに2円や3円の動きはあります。)

しかし、いくつかのことをキッカケとし、
一気に為替が2円も3円も動くことがあります。

さて、為替の変動が大きくなる時とは
どんなことがキッカケになった時でしょう?やはり、アメリカの経済状態が大きく影響します。

特に気をつけていなければいけないのは、
アメリカの大統領が、アメリカ経済における
政策を打ち出そうとしている時です。

そして、もう1つ毎月定期的に発表される
米国雇用統計です。

米国雇用統計は、毎月第一金曜日(日本時間)の
夜に発表されます。

米国雇用統計は、失業率や非農業就業者数など、
10項目が発表されます。

米国雇用統計の発表の中でも大きく為替変動の
材料となるのが、失業率や非農業就業者数です。

頃向としては、失業率や非農業就業者数が、
低下している場合はドル安に向かうと言われています。


posted by fx入門 | FX取引の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。