損切り(ロスカット)の設定

損切り(ロスカット)の設定は、
FX(外国為替証拠金取引)において、
必ずと言ってよいほど、しなくてはならない
重要なことです。

なぜ、損切り(ロスカット)の設定が、
必要なのか?

損切り(ロスカット)の役割を説明して
いきましょう。
損切り(ロスカット)とは、
損切り(ロスカット)を設定した値まで
きたら、それ以上損をしないようにすることです。

具体的に数字で見ていきましょう。

例えば・・・

1ドル100円でドルを買っていると
しましょう。

これを、1ドル101円になったら売るという
ことにします。

思惑通り1ドル101円になれば儲かることに
なりますが、思惑と逆に動き99円になって
しまったら損をしますよね。

思惑とは逆に動いた数字が99円以上に
動いていってしまったらどうでしょう?

98円、97円、96円・・・と。。

いつまでも損をすることになってしまいます。

そこで、あらかじめ、万一に備えて、最低限の損で
おさえるために損切り(ロスカット)を設定しておきます。

上記の例で言えば、損切り(ロスカット)を
99円で設定しておけば、98円、97円と
思惑と逆に数値が動いて行っても、
損切り(ロスカット)を設定した、99円までの
値で損が確定します。

FX(外国為替証拠金取引)では、リスクを
最小限に抑えることができます。

そのためには、損切り(ロスカット)の設定は
重要ですね。
posted by fx入門 | FX取引の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。